51号 [1989-9]
【特集 講と石仏】
・ 講と石仏  大護八郎 p2~7
・ 庚申講の造塔記録  嶋二郎 p8~19
・ 徳本念仏–宗教信仰への回帰(3)  松村雄介 p20~27
・ 『横浜市栄区の民俗調査』から講と石仏について考える  菊田清一 p28~35
・ 講の衰退と石仏  金子弘 p36~46
・ 講と石仏の造立  横田甲一 p47~52
・ 講と石仏とを考える  石川博司 p53~58

・ 茨城県旧筑波町の石塔寸描  大森義朗 p59~69
・ 些細なこと  加藤政久 p70~73
・ 旧大和国王寺村の近世石工資料  仲芳人 p74~79
・ 琵琶湖周辺の大将軍塚  殿南直也 p80~83
・ 熊本県益城町所在の「木崎温泉の碑」と廻国供養塔  緒方勉 p84~85
・ 石仏の旅(21)渋谷から千駄ヶ谷へ–庚申塔や七福神  伊藤介二 p86~93
・ 会員の広場  佐藤不二也・伊藤介二・山本力・関忠夫・坂口和子・島亨 p95~99
・ 人ひと・高田三喜治  小坂泰子 p100~101
・ はがき通信  坂口和子・角田八重子 p103~103


52号 [1989-12]
【特集 旅と石仏】
・ 旅と石仏  大護八郎 p2~8
・ 視線を低く、遥か遠くへ  金森敦子 p9~16
・ 旅と石仏・石造物と  服部清道 p17~25
・ 遍路人・中務茂兵衛の旅–句歌を刻んだ標石  喜代吉栄徳 p26~33
・ 回国供養塔、旅人、道祖神  富岡邦子 p34~41
・ 栃尾市にみる旅と石仏  石田哲弥・星野紀子 p42~48
・ 権太坂の投込塚  小松孝 p49~51

・ 庚申塔の造塔記録 II  嶋二郎 p52~64
・ 比婆山調査紀行  川瀬潔 p65~69
・ 石仏の旅(22)戸田市中央通りの石仏–路線バスを利用して  金子弘 p70~76
・ 人ひと・光野志のぶ  坂口和子 p84~85
・ 会員の広場  仲芳人・織戸市郎・伊東重信・馬場勇伍・伊藤介二 p89~93
・ はがき通信  平田キヨ・加藤孝雄 p98~98


53号 [1990-3]
【特集 祟りと石仏】
・ 祟りと石仏  大護八郎 p2~8
・ 祟りの神も供養から  加藤政久 p9~17
・ 祐天上人の累済度とその石仏  菊田清一 p18~22
・ 塔に潜む祟り  山本力 p23~29

・ 不動明王になった人たち–駒岳教とその石造物(I)  松村雄介 p30~49
・ ウハッキウ459基–富士市周辺の現況  金子弘 p50~54
・ 生駒市域の近世石工資料  仲芳人 p55~60
・ 単体像と三体像の道祖神考  横山旭三郎 p61~68
・ 石造物と光明真言(続)  伊藤介二 p69~75
・ 享保4年に何があったか–飯能市における地蔵念仏供養塔の意味  坂口和子 p76~84
・ 石仏の旅(23)山梨県大月市と上野原町の石仏  石川博司 p85~91
・ 会員の広場  大森義朗・福田民雄・川瀬潔・伊藤介二・瀬出井正夫・松村雄介 p92~97
・ 人ひと・徳家徳治  坂口和子 p98~99
・ はがき通信  榊原勲・坂口和子・田中憬 p103~103


54号 [1990-6]
【特集 地獄と石仏】
・ 地獄と石仏  大護八郎 p2~8
・ 地獄および他界の表象について–中有論ノート  島亨 p9~19
・ 十九夜念仏源流考  中上敬一 p20~30
・ 血盆経信仰と石仏–群馬県藤岡市森新田の薬師堂建立供養塔を事例として  時枝務 p31~36
・ 地獄と水子供養  富岡邦子 p37~41
・ 信州伊那谷の十王  宮嶋洋一 p42~45
・ 閻魔大王と十王石仏–笠置山地を挟んで  殿南直也 p46~50
・ 石仏・奪衣婆信仰–山形県上山市の例  加藤和徳 p51~55
・ 郡山地方の奪衣婆像  小林剛三 p56~60
・ 「立山」地獄・浄土への道しるべ  平井一雄 p61~64
・ こだわりの地獄思想  金子弘 p65~67
・ 地蔵菩薩に倶生神を配した板碑  大久保利治 p69~71
・ 大勝金剛面門微笑す  平田キヨ・伊藤介二・加藤政久 p72~75
・ 石仏の旅(24)四街道市北部の石仏をたずねて  浜野和男 p76~82
・ 会員の広場  小山誠三・春日太郎・伊藤介二 p92~94
・ 人ひと・北野正明  角田八重子 p98~99
・ はがき通信  平田キヨ・坂口和子・角田八重子 p103~103


55号 [1990-9]
【特集 極楽と石仏】
・ 極楽と石仏  大護八郎 p2~8
・ 念仏と極楽往生  赤坂六郎 p9~15
・ 浄土願望と浄土宗–念仏と名号塔  伊藤介二 p16~26
・ 極楽往生祈願と光明真言塔–茨城県西茨城郡岩間町の場合  光野志のぶ p27~31

・ 石薬師像と薬師講–東京都調布市飛田給地区  徳家徳治 p32~36
・ 大通智勝仏あれこれ  伊藤介二・加藤政久 p37~42
・ 弘誓三仏及び大通智勝仏の庚申塔について  馬場勇伍 p43~49
・ 奈良県の中世庚申碑の再検討  仲芳人 p50~54
・ 秩父日尾石工・黒沢三重郎–伊那石工・藤森吉弥との謎  田中英雄 p56~62
・ 大山道の道しるべ  小松孝 p63~71
・ 栃木県の十王信仰像  田村右品・森田茂 p72~78
・ 石仏研究と幼少年期への旅–大護八郎著『芝道』に触れて  島亨 p79~85
・ 石仏の旅(25)京都・御室から嵯峨  殿岡直也 p86~92
・ 会員の広場  榊原勲・瀬出井正夫・富岡邦子・高木六男・松村雄介 p93~96
・ 人ひと・田中英雄  坂口和子 p98~99
・ はがき通信  伊藤介二・金子弘・春日太郎 p103~103


56号 [1990-12]
【特集 ご利益と石仏-】
・ ご利益と石仏  大護八郎 p2~7
・ 奈良市南の庄の腰痛地蔵  仲芳人 p8~10
・ 苛め地蔵物語  小林巳知 p11~14
・ “おだてもっこ”の半助地蔵  榊原勲 p16~18
・ 子安観音像(I)子を思う親の気持ち  松村雄介 p19~26(口絵に写真)

・ 野の石仏の信仰  山本力 p27~37
・ 福島県須賀川市付近の十三仏  大久保利治 p38~40
・ 庚申塔の青面金剛  中上敬一 p41~57
・ 『石仏偈頌辞典』を閲読する  服部清道 p58~65
・ 播州三木の石仏  岡本十三 p66~72
・ エッセイ メキシコの旅から–石の呪縛  坂口和子 p73~76
・ 石仏の旅(26) 富山県庄川左岸の中筋往来の石仏  尾田武雄 p77~83
・ 会員の広場  小林剛三・渋谷正俊・富岡邦子・江川洋子 p87~89
・ 人ひと・田畑治三郎  小坂泰子 p90~91
・ はがき通信  小坂泰子・加藤孝雄 p95~95


57号 [1991-3]
【特集 福神と厄神】
・ 福神と厄神  大護八郎 p2~9(口絵に写真)
・ 七福神と和讃  徳家徳治 p10~21
・ 蛭児神そして夷三郎殿と恵比須さま  山本力 p22~30

・ 子を思う親の気持ち(II)  松村雄介 p31~49(口絵に写真)
・ 瓜四つ和合神と寒山拾得  榊原勲 p50~55
・ 奈良県の青面金剛と猿田彦大神–庚申塔初出資料について  仲芳人 p56~59
・ 「弘誓三仏」について  伊藤介二・加藤政久 p60~62
・ 四十九院の石仏  中上敬一 p64~72
・ 石仏の旅(27)新宿から四谷へ  伊藤介二 p73~79
・ 会員の広場  仲芳人・加藤政久・伊藤介二 p84~85
・ 人ひと・平田キヨ  坂口和子 p86~87
・ はがき通信  平田キヨ・殿南直也・松村雄介・坂口和子 p103~103


58号 [1991-6]
【特集 山と石仏】
・ 山と石仏  大護八郎 p2~7
・ 狛坂磨崖仏幻想  田畑治三郎 p8~14
・ 姥神の座所 修験の山からの一考察  田中英雄 p15~22
・ 大岩不動の模刻石仏のひろがり 特に砺波地方について  尾田武雄 p23~30
・ 奥会津昭和村の庚申塔等と木地師のこと  馬場勇伍 p31~37
・ 犬飼山の石神  胡桃沢友男 p38~47
・ 狗頭の石仏  山本力 p48~55
・ 大山の東、日向山と鐘ヶ岳の山神  鈴木勇 p56~62

・ しゃしんのぺーじ 金井塚正道 p63~63
・ 仁王の形態について  金子弘 p64~70
・ 石幢(重制)の日待塔 新資料としての報告  加藤和徳 p71~73
・ エッセイ まぼろしの潜戸  殿南直也 p74~75
・ 石仏の旅(28)埼玉県吉見町の石仏  門間勇 p76~83
・ 会長辞任のあいさつ  大護八郎 p92~92
・ 就任のごあいさつ  坂口和子 p93~93
・ 会員の広場  松村雄介・伊藤介二・赤坂六郎・仲芳人 p94~97
・ 人ひと・坂口和子  小坂泰子 p98~99
・ はがき通信  角田八重子・坂口和子・加藤孝雄 p103~103


59号 [1991-9]
【特集 野と石仏】
・ 山地における民俗習慣と野の石仏  石田哲弥 p2~8
・ 堅牢地神考  山本力 p9~16
・ 市野川周辺の板碑  四方田悟 p17~24
・ 大沢の大日如来  榎本実 p25~28
・ 散村の石仏  尾田武雄 p29~31

・ 改訂 石彫五智如来  大森義朗 p32~59
・ 若狭の大将軍碑とダイジョコ  殿南直也 p60~67
・ 奈良県の無年紀庚申塔の考察  仲芳人 p68~72
・ 下野国月谷「てんしょう院」の国内神像  田村右品・森田茂 p73~78
・ 梵文碑、一字金輪法の効用か  榊原勲 p79~82
・ 島根県のサイノカミ  若林栄一 p83~84
・ 石仏の旅(29)北陸道・倶利伽羅峠の石仏  京田良志 p85~91
・ しゃしんのペーじ  小林巳知 p92~92
・ 文献情報  中上敬一 p94~100
・ 会員の広場  伊藤篤郎・金子弘・伊藤介二・小林巳知 p101~103
・ 人ひと・菊田清一  坂口和子 p104~105
・ はがき通信  田畑治三郎・川戸彰・大野邦弘・金井塚正道 p111~111
[コラム]
・ 国東町の庚申まつり  坂口和子 p31~31
・ 三つの写真展  小坂泰子 p67~67
・ 悲しいデバター  金子弘 p78~78
・ たましんの歴史資料室  中上敬一 p107~107
・ 特別展「柏崎の石仏」のご案内  渡辺三四一 p108~108


60号 [1991-12]
【特集 海・川と石仏】
・ 海・川と石仏  大護八郎 p2~6
・ 北海道・東北地方の越前石文化  京田良志 p7~15
・ 江戸期の海運と石造物  富岡邦子 p16~23
・ 海の信仰と石仏  山本力 p24~33
・ 橋地蔵  尾田武雄 p34~39
・ 川の水神信仰  中上敬一 p41~45

・ 四国路の隔夜信仰  喜代吉栄徳 p46~51
・ 比企地方の石仏(3)比企地方の庚申待板碑  門間勇 p52~61
・ 時念仏と斎講との関係  加藤政久 p62~64
・ 石仏写真同人展からの発想  石川博司 p65~69
・ エッセイ 落語と石仏の接点を  仲芳人 p70~71
・ 石仏の旅(30)東京都町田市の石仏  石川博司 p72~78
・ 文献情報  中上敬一 p79~82
・ しゃしんのぺーじ  藤村善雄 p40~40
・ 会員の広場  小倉俊治・富岡邦子・田中英雄・榊原勲・阿部寛治 p85~92
・ 人ひと・佐藤不二也  坂口和子 p94~95
・ はがき通信  江川洋子・坂口和子・門間勇 p98~98
[コラム]
・ 教えてください  榊原勲 p15~15
・ 石仏とパノラマ・カメラ  金子弘 p23~23
・ 受賞おめでとうございます  中上敬一 p82~82


61号 [1992-3]
【特集 私の石仏案内】
・ 庚申塔曼陀羅–横浜市緑区を歩く  石川博司 p2~7
・ 群馬県赤城村の石仏  牛窪学 p8~12(口絵に写真)
・ 比企地方の石仏(四)–「雲の河原」の石仏  門間勇 p13~15
・ 秩父・両神山の石神  田中英雄 p16~19
・ 石仏の里・栃尾を歩く  石田哲弥 p20~26
・ 弥勒石仏の像容  尾田武雄 p27~34(口絵に写真)
・ 石仏案内五篇  金子弘 p36~41
・ 古塔との巡り会い  大森義朗 p42~44(口絵に写真)
・ 金刀比羅神社の多様な石仏–福島県三春町  小林剛三 p45~48
・ 疑問の残る石仏  中島昭二 p49~52

・ 千曲川流域の双体道祖神調べ  若林栄一 p53~61
・ 弘前市のオン字一尊板碑とオン字信仰  野村隆 p62~65(口絵に写真)
・ 新しい型の法華曼茶羅の発見  門間勇・伊藤介二・加藤政久 p66~69
・ エッセイ 路傍の聖母  坂口和子 p70~71
・ 石仏の旅(31)日光の石仏  小松孝 p72~77
・ 文献情報  中上敬一 p79~86
・ しゃしんのぺーじ・おちか猿  角田八重子 p87~87
・ 会員の広場  加藤孝雄・富岡邦子・斎藤譲一・加藤政久・大野邦弘 p91~95
・ 人ひと・大森義朗  坂口和子 p96~97
・ はがき通信  武田敏子・高木六男・望月友善・坂口和子 p101~101
[コラム]
・ 二つの情報  金子弘 p15~15
・ この石仏の尊名を教えてください  尾田武雄 p41~41
・ 表彰おめでとうございます   中上敬一 p90~90


62号 [1992-6]
【特集 現代と石仏】
・ 石仏はどこへ–庶民信仰の消えた今日  石田哲弥 p2~5
・ 現代の石仏と時代背景  石川博司 p6~17
・ 衰えぬ造塔の意欲  金子弘 p18~23
・ 七十年ぶり石尊仏再建  小松孝 p24~25
・ 比企地方の石仏(五)–昭和・平成の板碑  門間勇 p26~28
・ とげぬき地蔵と石の聖観世音菩薩  富岡邦子 p30~34
・ 界が消えた現代の石仏  山本力 p35~44
・ 「板碑」は原点に帰るべし–現代名称考  岡村庄造 p45~48
・ 盗難道祖神顛末記  平井一雄・柳沢栄司 p49~52
・ 随想 現代と石仏  松村雄介 p53~61

・ 佐渡・賽の河原  中島康夫 p25~25(口絵に写真)
・ しゃしんのぺーじ・雷神、風神  大津昭治 p29~29
・ 第六天信仰の地域性についての考察  榊原勲 p62~72
・ 山形県の「石切り唄」について  加藤和徳 p73~77
・ エッセイ 廃墟にのこる栄華の翳–ガンダーラ美術の旅  坂口和子 p78~79
・ 石仏の旅(32)取手市の石仏–疱瘡神と念仏塔  牛窪学 p80~86
・ 会員の広場  永田日出男・長岡和慶・中上敬一・佐野晃・仲芳人・大森義朗 p95~98
・ 人ひと・加藤孝雄  坂口和子 p100~101
・ はがき通信  小林巳知・田村清美・松村雄介・坂口和子 p103~103
[コラム]
・ すみれは野にあれ、仏像は寺にあれ  岡部智恵子 p17~17
・ 「仙台石工の系譜とその作品」  中上敬一 p44~44
・ 鮭立磨崖仏に誘いこまれて  飯村道子 p77~77


63号 [1992-9]
【特集 名数と石仏】
・ 多尊仏の系譜  加藤孝雄 p2~9(口絵に写真)
・ 八万四千体地蔵と遊女の墓碑  榊原勲 p10~12
・ 庚申塔と名数  石川博司 p13~16
・ 四国七十七番道隆寺の名数石塔  喜代吉栄徳 p17~22
・ 数量信仰の行方  金子弘 p23~27
・ 六十六部の石仏  京田良志 p28~34
・ 十三仏の仏書と仏たち  伊藤介二 p35~39
・ 比企地方の石仏(六)  門間勇 p40~45

・ 梵字弥陀名号塔  大森義朗 p46~63
・ 法華曼荼羅、再び  加藤政久 p64~65
・ しゃしんのぺーじ・三十三観音 金井塚正道 p66~66
・ 高野山の町石卒都婆小考  末広昌雄 p67~68
・ 賽の河原の標石  高橋大蔵 p69~71
・ 六道四生と踊り念仏  小林巳知 p72~76
・ エッセイ 中国の石窟寺を訪ねて  宮崎芳和 p77~78
・ 石仏の旅(33)藤沢市遊行寺とその周辺の石仏  山本力 p79~85
・ 会員の広場  佐藤不二也・小松孝 p88~89
・ 人ひと・島亨  坂口和子 p90~91
・ はがき通信  西倉市太郎・阿部寛治・田中英雄 p95~95 [コラム]
[コラム]
・ 「極重悪人無他方便」  金子弘 p34~34
・ 題のつけ方  金子弘 p71~71


64号 [1992-12]
【特集 動物と石仏】
・ 京都の動物石造物  殿南直也 p2~7
・ 石仏に見る動物信仰の形態–猫さえも権現化した信仰の広がり  石田哲弥 p8~16
・ 岩手県宮古市の馬頭観世音塔について  高橋晋一 p17~24
・ 倶梨伽羅竜は天津神の勝利の図表  榊原勲 p25~29
・ 日月と水  大森武紀 p30~33
・ 動物と石仏三題  門間勇 p34~36
・ 高安犬物語と狛犬  金子弘 p37~41
・ 庚申信仰とフェティシズム  石塚正英 p42~46

・ 病と石仏  加藤孝雄 p47~49
・ 四国路の隔夜信仰(2)  喜代吉栄徳 p50~54
・ 供養塔とマタ(日・月)–その意味する所を探る  伊藤介二 p55~58
・ 奈良県の日待塔とその周辺  仲芳人 p59~62
・ 中山道、浅間三宿の石仏  小松孝 p63~67
・ 道祖神はみだし考 文字碑より信仰を探る  山本力 p68~72
・ しゃしんのぺーじ・磨崖千体仏  小田原秀雄 p73~73
・ エッセイ チベット仏教の国・ブータン–チョルテンの石仏  坂口和子 p74~75
・ 石仏の旅(34)茨城県南西部の石仏  佐藤不二也 p76~82
・ 会員の広場  榊原勲・奥山杏・岡部智恵子・田畑治三郎 p83~87
・ 人ひと・京田良志  坂口和子 p90~91
・ はがき通信  武田敏子・南部治夫・西倉市太郎 p95~95


65号 [1993-3]
・ 巻頭随想  坂口和子 p2~3
【特集 生業と石仏】
・ 建築儀礼  大森武紀 p4~10(口絵に写真)
・ 虫送りにみる農耕民族の国民性  榊原勲 p11~18
・ 石屋善左衛門–近世石仏前史  松村雄介 p19~28
・ 宿民の生業と石仏  山本力 p29~37

・ 那須・白湯山行人道を行く  田中英雄 p38~43
・ 大白牛車一字石塔  高橋大蔵 p44~46
・ 続・ウップルイのサイノカミ  加藤孝雄 p47~49
・ 栃尾市の念仏信仰  石田哲弥 p50~55
・ 渡辺崋山が描いた地蔵菩薩  富岡邦子 p56~59
・ エッセイ 古園石仏 大日如来  宮崎芳和 p60~61
・ しゃしんのぺーじ・越中の石仏  柳沢栄司 p62~62
・ 石仏の旅(35)世田谷の石仏  高木六男 p63~69
・ 誌上講座 梵字入門(1)  伊藤介二 p70~71
・ 会員の広場  奥山杏・斎藤憲一・榊原勲 田畑久男・仲芳人・小松孝・石田哲弥・金子弘 p72~82
・ 人ひと・大塚省吾  坂口和子 p86~87
・ はがき通信  亀沢泰・飯村道子・坂口和子 p89~89